建築士事務所とは?


Q.1 よく設計事務所を頼むと「高くなる...」という方がいます。...そうでしょうか?

工事の見積書で、ある項目のある材料が単価1,000円その数量が5個その工事手間賃が3,000円合計8,000円となっています。
そして同じような項目が少なくても800から200項目があります。
その単価がそれで良いのか?その数量が多すぎないか?この工事の手間がそれだけかかるのか?
...などについて全項目をチェックします。

設計事務所が作った(設計図書)に従って見積する場合、(その見積書)をその設計事務所がチェックするのが当然です。
見積が設計内容の通りになっているかどうかは設計した者が一番よく評価できるからです。設計事務所の設計監理があると工事金額はむしろ安くなることは、いまや一般の常識です。

設計事務所は設計するときに「その住宅が少しでも良くなる」ように考えます。
また、工事金額が見た目に(安くなっているかのように)当然含まれているべきものを別途にしたりすることをしません。
建て主が必要なものを全部含んで設計します。
「高い」のではなくグレードが高く」また「別途などがない」のです。

以上の多くの作業を設計事務所が担当した住宅は建て主の要望を満たし、建て主の予算に合わせたものであり、グレードが予算の範囲内でできる限りのものになっているはずです。

設計監理料はこれら建て主のための(施工者側=建て主と相反する利益関係=でない)技術・経験・知識ある有資格者の(技術料)なのです。
そして、その技術料を払ったときの工事金額は技術料を払わなかった時よりも安くなっていて、しかも、グレードが高く、使いやすく、快適な住宅になります。

「ぜいたくな住宅」や「予算のある建て主」だけが設計事務所をつかうのではありません。
むしろ「敷地が狭い」、「家族が多い」、「予算が足りない」、「敷地が斜めになっていたり崖があったり」などがかえって設計の腕を必要とします。

安い住宅は程度を落とせばやさしい物ですが、グレードを落とさないように気を使えば使うほど、難しいのです。
つまり、設計の腕が必要になるのです。

安い住宅、色々な問題がある住宅ほど設計事務所が技術料を払ってもなお必要だと思ってください。
業務報酬は建設省の告示により決められていて、人件費+経費+技術料で成り立っています。
その仕事に拘った日数に1日当たりの収入(日額)を掛けたものが人件費です。
経費は人件費の同額まで認められていますが、事務所の規模により巾があり、ここで価格の競争原理が働きます。
技術料は特殊な設計の場合やブランド料などの加算です。日数が不確定の時は、標準人・日数が目安になります。
一例として、3,000万円の住宅では、設計32人、監理16人です。
仮に日額を4万円と想定し、経費を0.7とすると48×4万円×(1+0.7)=326万円となります。

日額は、経験や年齢、地域性などにより変わります。
標準人・日数は建物の種類、工事費によりデータが作られていますので、くわしくは各都道府県建築士事務所協会にお聞きください。